• 複製画とは

    複製画とは

陶彩画の魅力である輝き・質感・立体感・煌めき・色彩…これら全てを余すところなく再現するのは至難の業です。それでも、よりオリジナルの魅力に迫る作品を、より手頃な価格で、より多くの方にお楽しみいただきたいという想いのもとに、最新の技術を駆使して制作されているのが複製画です。エンボスリトグラフ、デジタルスクリーン、ジクレ、それぞれに異なる味わいと優れた特徴を持ちますが、いずれも作家 草場一壽の監修を受け、一点一点丁寧に作成されています。

複製画エンボスリトグラフ

複製画エンボスリトグラフ

複製画エンボスリトグラフ

陶彩画の艶めいた立体感と煌めきを再現すべく、最新のデジタル技術を駆使する技法です。透明樹脂での加工を重ねることで、部位によって異なる凹凸感とオリジナルさながらの立体感を実現しています。また、作品の特性に合わせ、金箔やホログラム箔を使用しています。手間暇かけて加工した特殊な金箔は、目を引くほど華やかな金装飾の再現を叶え、七色に輝くホログラム箔の加工は、陶彩画ならではの角度による色彩変化を再現しています。
〈特徴〉
・部位により異なる凹凸と艶めく立体感を再現
・繊細な金箔加工による金装飾の再現
・ホログラム箔加工による七色に輝く色彩変化

複製画デジタルシルクスクリーン

複製画デジタルスクリーン

複製画デジタルスクリーン

デジタルシルクスクリーン偏光パール彩

デジタルシルクスクリーン偏光パール彩

陶彩画の艶やかな質感を再現するために、鏡面光沢と呼ばれる最高峰の光沢と、透明感ある仕上がりが特徴の専用紙を使用しています。最新のコンピュータ技術で原画を緻密に解析・測定した上で、耐水性と耐光性に優れた顔料インクでミクロ粒子のジェット噴射し、鮮やかで繊細な色彩を再現します。その後、紫外線や衝撃などから作品の艶感や彩度を永く保護するために、オーバーコート用の樹脂を厚盛にして仕上げています。
また、「デジタルシルクスクリーン偏光パール彩」の複製画シリーズは、通常のデジタルスクリーンの特性に加え、角度による色彩変化の再現性に優れています。従来のデジタルスクリーンよりも更に手の込んだ技法と、角度依存性をもった特殊なパール色(偏光パール)の使用により、通常のインクでは再現できない細かな煌めきと、角度による自然な色彩変化の表現に成功しました。


〈特徴〉
・透明樹脂のオーバーコートによる艶めき
・陶彩画の色彩を忠実に再現
・優れた耐水性・耐光性により作品の美しさが持続

複製画・ジクレ

複製画・ジクレ

複製画・ジクレ

デジタル・リトグラフとも呼ばれる版画技法です。スムーズな紙肌と独特のテクスチャーが特徴のコットン100%中性紙を使用しています。最新のコンピュータ技術で原画を緻密に解析・測定し、秒間400万以上のミクロ粒子のジェット噴射を行っています。512色のインクを混合することで、7万色もの微妙な発色が可能となり、原画の緻密な色彩が再現されています。表面のマット仕上げにより、他の複製画作品とは異なる独特の存在感と味わい深さが生まれました。他の複製画よりも更に手頃な価格なのも嬉しいところです。

〈特徴〉
・マットな質感の最高級テクスチャー
・陶彩画の豊かな色彩を味わい深く表現

複製画一覧はこちら
 
x